前へ
次へ

どんなセメントを使っているかで省エネかがわかる

日本の家屋の多くは木造で、柱やその他の素材として使われています。
ただ木だけで作るのは難しく、それ以外にもいろいろな材料が使われています。
地面を固めたりするときには基礎が必要になりますが、その時はコンクリートを使うことが多いでしょう。
使うときはドロドロですが、時間が経つと硬化してきます。
注文住宅を建てる時にはいろいろな素材を選んで建てることができ、税金上の優遇を受けたいなら基準をクリアしないといけないかもしれません。
低炭素住宅の認定を受けると一定の優遇が受けられますが、その時に使うと良いとされるコンクリートがあるので調べておくと良いでしょう。
構造耐力上主要な部分に使うコンクリートとして高炉セメントやフライアッシュセメントを使うと良いとされています。
高炉セメントは製鉄所などで、フライアッシュセメントは火力発電所などで出る灰を原料の一部としていて、原料製造時に二酸化炭素の排出が抑えられた材料です。

Page Top